アヘド・タミミ恩赦アピール

16歳のパレスチナ活動家に恩赦を:ナビサレ村アムネスティ行動: アムネスティ・インターナショナル日本支部の国際事務局発表ニュース

  • The ongoing detention of Ahed Tamimi and trial in a military court is an example of the institutional discrimination typical of the treatment of Palestinian children who participate in activism ... and shows how Israel is violating its international human rights obligations towards children.

アヘド・タミミの現行の拘禁と軍事裁判所での裁判はパレスチナ人の子どもが抗議活動に参加した場合の典型的な取り扱いの一例であり…そしていかにイスラエルが子供たちに対する国際的人権義務に違反しているかを示している。

  • 16-years-old Palestinian woman Ahed Tamimi is one of approximately 350 Palestinian children currently held inside Israeli prisons and detention centres.

16歳のパレスチナ人女性アヘド・タミミは、イスラエルの刑務所と拘禁施設にいる350人のパレスチナ人の子どもたちの一人だ。

  • Each year, Israeli forces arrest and prosecute around 500 to 700 Palestinian children, who are systematically abused through the process of juvenile military detention.

少年軍事拘禁の過程を通じて組織的に人権侵害をイスラエルの軍隊から受けている、1年で500人から700人のパレスチナの子どもたちがいる。

  • When arrested, children are systematically subjected to torture and other ill-treatment, including blindfolds, threats, harsh interrogations without the presence of their lawyers or families, solitary confinement and in some cases physical violence.

逮捕されると、子どもたちは組織的に拷問や嫌がらせを受け、目隠しされたり、脅されたり、過酷な状況にいて、弁護士や家族の立ち合いを受けず、場合によっては身体的な暴力も受ける。

  • Imprisonment of children should always be a last resort.

子どもの拘禁は常に最終的な手段であるべきだ。

  • Therefore, #Israel must release Ahed Tamimi without delay.

したがって、#イスラエル はアヘド・タミミを遅滞なく釈放しなければならない。