12月会報よりアムネスティ静岡グループの活動紹介

2015/01/15 17:28 に Yasukazu Makino が投稿   [ 2015/11/08 8:14 に更新しました ]

11月の例会:

手紙書きマラソン(アピールはがき[※1]を一般の人にも署名してもらうイベント)に適した事例を選定しました。 [※1]アピールとは、人権が侵害されている個人や集団に関して人権を守るための要請をその事例に関係する政府当局に求めたり、さらには困っている人々自身に手紙を書いたりする行動のこと

12月の例会:

静岡グループの活動を来年はどのように行うかを話し合いました。

行事:

掛川市でのカード・フェアトレード商品販売:

大東市民交流センター主催のフェスタにブースを出展、グリーティングカードとフェアトレード商品を販売しました。 以下は、同時に行った手紙書きマラソンに伴って呼びかけた事例です:

関連団体からのお願い: 袴田巌さんのための募金をお願い致します

3月27日、待ちに待った袴田巌さんが解放されました。今までのご支援、ありがとうございました。しかしながら、今後、再審公判で無罪になり、刑事補償を受けるときまではまだ相当の時間を要することは確実です。48年間の拘禁のため、巌さんの健康状態は、完全ではありません。その間、巌さんの生活を支えなければなりま せん. そこで、私たちは、袴田救済ファンド という基金を作り、広く募金をお願いし、今後の費用を賄っていきたいと考えています。ご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

静岡市葵区でのカード・フェアトレード商品販売:

  • 写真1{テーブルの上に陳列された商品の状況}

静岡市葵区での手紙書きマラソン:

  • 写真2{一般の人が署名している後横姿}
  • 写真3{配ったパンフレットと手作りアクセサリ}
ą
Yasukazu Makino,
2015/01/15 17:28
Comments