10月会報よりアムネスティ静岡グループの活動紹介

2014/11/09 14:53 に Yasukazu Makino が投稿   [ 2015/11/08 8:13 に更新しました ]

9月の例会報告

  • 場所: 静岡市内
  • 参加者: 3名

議題 1 今後の活動予定

  • グリーティングカードおよびフェアトレード商品販売計画: 11月末に静岡市(カードとフェアトレード商品)と掛川市(カードのみ)にて行う予定。なお、静岡市の教会(※)での販売行事について今後の続行を見直す意見が出された。(※静岡グループは特定の宗教団体と関係はないが、商品販売においてのみ、教会に許可を得て出店している。) 理由として、(1)利益を出すのが困難で仕入れ担当者の負担が大きく、(2)フェアトレード商品が国際人権活動の趣旨に合わなくなってきている傾向が見られるため。 話し合いの結果、今年度は行うことにした。

  • ライティングマラソン参加計画: 12月13日に静岡市青葉シンボルロードにて開催されるフリーマーケット出店の「(フリースクール)かげんどら」に場所を借りて行うことにした。

  • 人権デー行動計画: 10月例会で話し合うことにした。

議題 2 緊急行動への署名

  • 危機にあるガザ地区とイスラエルの住民

議題 3 グループで活動したいことの提案

  • ガザ地区についての講師を招いての学習会

今月の緊急行動ハガキ

  • 中国あて1: 香港民主派の抗議に平和的支持をして拘束された人々の釈放を要請
  • 中国あて2: 楊同彦(Yang Tongyan)氏の釈放を要請

10月の例会予定

  • 例会開始から30分後に同じ施設内で人権(えん罪、死刑)に関する映画『SAYAMA-みえない手錠をはずすまで』が上映されるので、例会を中断して映画を鑑賞する。 ※上映会主催団体代表が静岡グループ会員

新聞切り抜き

  • ウイグル族学者(イリハム・トフティ氏)無期懲役の判決 (中国.ウルムチ 共同通信) ※収監されれば良心の囚人となるケース
  • 生活保護停止は違法 (静岡地裁) ※解説者が静岡グループの会員
Comments